銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その1

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その1

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その1

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その2

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その2

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その2

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その3

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その3

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その3

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その4

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その4

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その4

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その5

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その5

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その5

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その6

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その6

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その6

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その7

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その7

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。

銭形平次捕り物控え  野村胡堂 

お篠姉妹 その7

萩 柚月朗読

 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚いうやうとして足を止めました。意氣な單衣ひとへを七三に端折つて、懷中ふところの十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛むなげを吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
 山のいただきには、雪も白くのこっていました。
 山のおくには、おやこの鹿がすんでいました。
 坊やの鹿は、生まれてまだ一年にならないので、春とはどんなものか知りませんでした。