からすとかがし

 

小川未明 

 

朗読 坂下純美


太吉じいさんは、百姓が、かさをかぶって、手に弓を持って立っている、かがしをつくる名人でした。それを見ると、からすやすずめなどが、そばへ寄つきませんでした。
 それも、そのはずで、おじいさんは若い時分から弓を射ることが上手で、どんな小さな鳥でも、ねらえば、かならず射落したものです。よく、晩方の空を飛んでいくかりを射落したり、はたけで遊んでいるすずめを射とめたりしました。だからおじいさんを見みると、小鳥たちは鳴くのをやめて、どこへか姿をかくしてしまいました。
 しかし、このごろは、おじいさんも目がわるくなって、ねらいがきかなくなりました。けれども、鳥たちは、弓を持って立たっいるかがしを見ると、やはりおじいさんのような、怖しい人ひとだと思ったのです。

からすとかがし

 

小川未明 

 

朗読 坂下純美


太吉じいさんは、百姓が、かさをかぶって、手に弓を持って立っている、かがしをつくる名人でした。それを見ると、からすやすずめなどが、そばへ寄つきませんでした。
 それも、そのはずで、おじいさんは若い時分から弓を射ることが上手で、どんな小さな鳥でも、ねらえば、かならず射落したものです。よく、晩方の空を飛んでいくかりを射落したり、はたけで遊んでいるすずめを射とめたりしました。だからおじいさんを見みると、小鳥たちは鳴くのをやめて、どこへか姿をかくしてしまいました。
 しかし、このごろは、おじいさんも目がわるくなって、ねらいがきかなくなりました。けれども、鳥たちは、弓を持って立たっいるかがしを見ると、やはりおじいさんのような、怖しい人ひとだと思ったのです。

からすとかがし

 

小川未明 

 

朗読 坂下純美


太吉じいさんは、百姓が、かさをかぶって、手に弓を持って立っている、かがしをつくる名人でした。それを見ると、からすやすずめなどが、そばへ寄つきませんでした。
 それも、そのはずで、おじいさんは若い時分から弓を射ることが上手で、どんな小さな鳥でも、ねらえば、かならず射落したものです。よく、晩方の空を飛んでいくかりを射落したり、はたけで遊んでいるすずめを射とめたりしました。だからおじいさんを見みると、小鳥たちは鳴くのをやめて、どこへか姿をかくしてしまいました。
 しかし、このごろは、おじいさんも目がわるくなって、ねらいがきかなくなりました。けれども、鳥たちは、弓を持って立たっいるかがしを見ると、やはりおじいさんのような、怖しい人ひとだと思ったのです。