朗読者、朗読作品募集中です

錢形平次捕物控

お篠姉妹
野村胡堂



 話はガラツ八の八五郎から始まります。
「あら親分」
「――」
「八五郎親分」
 素晴らしい次高音メツオ・ソプラノを浴びせられて、八五郎は悠揚として足を止めました。意氣な單衣を七三に端折つて、懷中の十手は少しばかり突つ張りますが、夕風に胸毛を吹かせた男前は、我ながら路地のドブ板を、橋がかりに見たてたい位のものです。
「俺かい」
 振り返るとパツと咲いたやうな美女が一人、嫣然として八五郎の鼻を迎へました。
「八五郎親分は、江戸にたつた一人ぢやありませんか」
「お前は誰だい」
「隨分ねエ」
 女はちよいと打つ眞似をしました。見てくれは二十二三ですが、もう少しヒネてゐるかもわかりません。自棄な櫛卷くしまきにした多い毛にも、わざと白粉を嫌つた眞珠色の素顏にも、野暮を賣物にした木綿の單衣にも、つゝみ切れない魅力が、夕映と一緒に街中に擴がるやうな女でした。
「見たやうな顏だが、どうも思ひ出せねえ。名乘つて見な」
「まア、大層なせりふねえ、――遠からん者は音にも聞け、と言ひたいけれど、實はそんな大袈裟なんぢやありませんよ、――兩國の篠しのをお忘れになつて、八五郎親分」
 女は少しばかりしなを作つて見せます。
「何だ、水茶屋のお篠か。白粉ツ氣が無くなるから、お見それ申すぢやないか」
「まア、私、そんなに厚塗だつたかしら?」
 お篠はそんな事を言ひ乍ら、自分の頬へ一寸觸つて見せたりするのです。笑ふと八重齒が少し見えて、滅法可愛らしくなるくせに、眞面目な顏をすると、屹とした凄味が拔身のやうに人に迫るたちの女でした。
「赤前垂を取拂ふと、すつかり女が變るな。一年近く見えないが、身でも固めたのかい」
「飛んでもない、私なんかを拾つてくれ手があるものですか」
「さうぢやあるめえ、事と次第ぢや、俺も拾ひ手になりてえ位のものだ」
「まア、親分」
 お篠の手がまた大きく夕空に弧こを描くのです。
「ところで何か用事があるのかい」
「大ありよ、親分」
「押かけ女房の口なら御免だが、他の事なら大概相談に乘つてやるよ。ことに金のことなどと來た日にや――」
「生憎あいにくねえ。親分、金は小判といふものをうんと持つてゐるけれど、亭主になり手がなくて困つて居るところなの」
「ふざけちやいけねえ」
「ね、八五郎親分。掛合噺は又來年の春にでもゆつくり伺ふとして、本當に眞劍に聽いて下さらない?」
「大層また改まりやがつたな」
「私本當に困つたことがあるのよ、八五郎親分」
「あんまり困つたやうな顏ぢやないぜ、何がどうしたんだ」
 ガラツ八も引き込まれるともなく、少しばかり眞面目になりました。
「親分は私の妹を御存じねエ」
「知つてるとも、お秋とか言つたね。お前よりは二つ三つ若くて、お前よりも綺麗だつた――」
「まア、御挨拶ねエ」
「その妹がどうしたんだ」
「兩國の水茶屋を仕舞しまつた時の借りがあつたので、私と別々に奉公したんです。私は――今は止したけれど淺草の料理屋へ、妹は堅氣がいゝと言ふんで、湯島の山名屋五左衞門樣へ――」
「そいつは料簡が惡かつたな、山名屋五左衞門は、界隈に知らぬ者のない癖の惡い男だ」
「それも後で聞きました。驚いて妹を取戻しに行きましたが、どうしても返しちやくれません」
「給料の前借でもあるのか」
「そんなものはありやしません」
「證文を入れるとか、受人をたてるとか、何か形の殘るものが向うへ入つて居るんぢやないか」
「知つた同士で話をつけ、何一つ向うへは入つて居ません」
「それぢや戻せないことはあるまい」
 ガラツ八は一向手輕なことのやうに考へて居るのでした。
「女一人行つたところで、馬鹿にされて戻されるのが精々です。今までにもう、三度も追ひ歸されました」
「フーム」
「今つれて歸らなきや、妹のお秋にどんな間違ひがあるかも判りません。獨り者の山名屋はお秋を妾めかけにする氣で居るんです。あの娘には、まだ祝言こそしないが、決つた許婚いひなづけがあるのも承知の上で」
「そいつは氣の毒だが、本人が歸る氣が無きやどうすることも出來ない」
「本人は歸りたいに決つてゐます。あんな蛸入道たこにふだうが瘧おこりを患わづらつたやうな、五十男の手掛になつて、日蔭者で一生を送りたい筈はありません」
「――」
「この間も私が行くと、逢はない乍らも、二階の格子の中で泣いて居るぢやありませんか。私はもう可哀想で可哀想で」
「それで、俺に何をしろと言ふんだ」
 ガラツ八も大分呑込みがよくなりました。
「決して無理なことをお願ひするんぢやありません。山名屋の店先へ行つて、見えるやうに見えないやうに、その懷中ふところの十手をチラチラさして下さりやいゝんです。私が一人で乘込んで、主人を始め番頭手代と掛合ひ、きつと妹のお秋を救ひ出して來ます」
 お篠は一生懸命説きたてるのです。一時兩國の水茶屋で、鐵火者てつくわもので鳴らしたお篠が、妹のお秋を虎狼こらうの※(「月+咢」、第3水準1-90-51)あぎとから救ひ出したさに、ガラツ八の十手のチラチラまで借りようと言ふのは、全く並々ならぬ危險を感じたからのことでせう。
 お秋のらふたき美しさをガラツ八は知り過ぎて居るだけに、この頼みを蹴飛ばしかねました。
「よし、それぢや行つてやらう」
「有難うございます、八五郎親分」
「その代り、俺は店の中へは入らないよ。外に居て、十手をチラチラさせるだけだよ」
 ガラツ八は馬鹿々々しくも念を押します。
青空文庫


STUDIOMember更新情報
岩見聖次

萩柚月

二宮隆

宮沢賢治「ざしき童子のはなし」
芥川龍之介「蜜柑」
夢十夜第二夜

福山美奈子

西村俊彦

坂下純美

森山このみ

夢十夜第七夜

島崎ゆか

夢十夜第一夜

田中智之

喜多川拓郎

銀河鉄道の夜
夢十夜第四夜


Cafe更新情報
岡田慎平

鈴木ちひろ


山田 レイコ

広居播


兼定 将司

岡田 慎平

Naoさん

二宮 隆

渡辺 ゆきみ

横山 祐子

久高 祥子

谷口 沙織

葵井 歌菜

ゆずり 亜衣

萩 柚月

峰松 希匡

吉田 美穂子

岩見 聖次

田子 浩恵

小川 綾子

中園直樹

銀嶺

鈴木 ちひろ

小島 香奈子

土屋 美悠

山口 雄介

岡田 慎平

大西直樹

谷口沙織

Nao

こはる

二宮 隆

冬野 ことね

朝日 憲治

葉月 のりこ

恵田 昌州

福島 淳子

水口 聡

河村 愛美

松里 咲

瀬戸 翔太

橘 晋吾

世奈 カンナ

小池 悠太

佐藤 愛

小松 茉里

新宮 あずさ

小森 ゆな

篠山 雪乃

喜多川拓郎

作品参加
太友 豪

心人

関連リンク