朗読者、朗読作品募集中です
朗読兼定将司萩原朔太郎「喫茶店にて」
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|


高村光太郎

 顔は誰でもごまかせない。顔ほど正直な看板はない。顔をまる出しにして往来を歩いている事であるから、人は一切のごまかしを観念してしまうより外ない。いくら化けたつもりでも化ければ化けるほど、うまく化けたという事が見えるだけである。一切合切投げ出してしまうのが一番だ。それが一番美しい。
青空文庫

Nao
 
朗読メルマガ申し込み解除

声の教室声の教室