朗読者、朗読作品募集中です
朗読兼定将司村山籌子お鼻をかじられたお猫さん
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

お鼻をかじられたお猫さん

村山籌子


 あるところに、お猫さんがありました。誰つきあつてくれません。このお猫さんは、大へんきむづかしやで、年中おこつてばかりゐるからです。
 或日、椅子いすに腰かけて新聞をよんでゐましたが、眠くなつて寝こんでしまひました。
 そこへ、この間生れたばかりで、もうチヨコ/\走りまはつてゐるネズミさんがやつてきました。お猫さんがきむづかしやだなんてことは、まだ知りません。お猫さんの椅子いすにはひあがつて、お猫さんのお鼻をかじりかじりました。そこには、あまいおいしいゼリーのかけらがくつついてゐたからです。
青空文庫

Nao
 
朗読メルマガ申し込み解除

声の教室声の教室