朗読者、朗読作品募集中です

兼定 将司朗読
|1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|

芥川龍之介

 或冬曇りの午後、わたしは中央線ちうあうせんの汽車の窓に一列の山脈を眺めてゐた。山脈は勿論もちろんまつ白だつた。が、それは雪と言ふよりも山脈の皮膚に近い色をしてゐた。わたしはかう言ふ山脈を見ながら、ふと或小事件を思ひ出した。――

 もう四五年以前になつた、やはり或冬曇りの午後、わたしは或友だちのアトリエに、――見すぼらしい鋳いもののストオヴの前に彼やそのモデルと話してゐた。アトリエには彼自身の油画あぶらゑの外ほかに何も装飾になるものはなかつた。巻煙草まきたばこを啣くはへた断髪のモデルも、――彼女は成程なるほど混血児あひのこじみた一種の美しさを具へてゐた。しかしどう言ふ量見か、天然自然に生えた睫毛まつげを一本残らず抜きとつてゐた。……
 話はいつかその頃の寒気かんきの厳しさに移つてゐた。彼は如何いかに庭の土の季節を感ずるかと言ふことを話した。就中なかんづく如何に庭の土の冬を感ずるかと言ふことを話した。
「つまり土も生きてゐると言ふ感じだね。」
 彼はパイプに煙草をつめつめ、我々の顔を眺めまはした。わたしは何なんとも返事をしずににほひのない珈琲コオヒイを啜すすつてゐた。けれどもそれは断髪のモデルに何か感銘を与へたらしかつた。彼女は赤いまぶたを擡もたげ、彼女の吐いた煙の輪にぢつと目を注そそいでゐた。それからやはり空中を見たまま、誰にともなしにこんなことを言つた。――
「それは肌も同じだわね。あたしもこの商売を始めてから、すつかり肌を荒してしまつたもの。……」

 或冬曇りの午後、わたしは中央線の汽車の窓に一列の山脈を眺めてゐた。山脈は勿論まつ白だつた。が、それは雪と言ふよりも人間の鮫肌さめはだに近い色をしてゐた。わたしはかう言ふ山脈を見ながら、ふとあのモデルを思ひ出した、あの一本も睫毛まつげのない、混血児あひのこじみた日本の娘さんを。
(大正十四年四月)
青空文庫


STUDIOMember更新情報
岩見聖次

萩柚月

二宮隆

宮沢賢治「ざしき童子のはなし」
芥川龍之介「蜜柑」
夢十夜第二夜

福山美奈子

西村俊彦

坂下純美

森山このみ

夢十夜第七夜

島崎ゆか

夢十夜第一夜

田中智之

喜多川拓郎

銀河鉄道の夜
夢十夜第四夜


Cafe更新情報
岡田慎平

鈴木ちひろ


山田 レイコ

広居播


兼定 将司

岡田 慎平

Naoさん

二宮 隆

渡辺 ゆきみ

横山 祐子

久高 祥子

谷口 沙織

葵井 歌菜

ゆずり 亜衣

萩 柚月

峰松 希匡

吉田 美穂子

岩見 聖次

田子 浩恵

小川 綾子

中園直樹

銀嶺

鈴木 ちひろ

小島 香奈子

土屋 美悠

山口 雄介

岡田 慎平

大西直樹

谷口沙織

Nao

こはる

二宮 隆

冬野 ことね

朝日 憲治

葉月 のりこ

恵田 昌州

福島 淳子

水口 聡

河村 愛美

松里 咲

瀬戸 翔太

橘 晋吾

世奈 カンナ

小池 悠太

佐藤 愛

小松 茉里

新宮 あずさ

小森 ゆな

篠山 雪乃

喜多川拓郎

作品参加
太友 豪

心人

関連リンク

朗読メルマガ登録

l

お名前

powered byメール配信CGI acmailer

朗読メルマガ申し込み解除
声の教室声の教室