朗読者、朗読作品募集中です

こはるプロフィール

グリム兄弟

星の銀貨

楠山正雄訳
 むかし、むかし、小さい女の子がありました。この子には、おとうさんもおかあさんもありませんでした。たいへんびんぼうでしたから、しまいには、もう住むにもへやはないし、もうねるにも寝床ねどこがないようになって、とうとうおしまいには、からだにつけたもののほかは、手にもったパンひとかけきりで、それもなさけぶかい人がめぐんでくれたものでした。
 でも、この子は、心のすなおな、信心のあつい子でありました。それでも、こんなにして世の中からまるで見すてられてしまっているので、この子は、やさしい神さまのお力にだけすがって、ひとりぼっち、野原の上をあるいて行きました。すると、そこへ、びんぼうらしい男が出て来て、
「ねえ、なにかたべるものをおくれ。おなかがすいてたまらないよ。」と、いいました。
 女の子は、もっていたパンひとかけのこらず、その男にやってしまいました。そして、
「どうぞ神さまのおめぐみのありますように。」と、いのってやって、またあるきだしました。すると、こんどは、こどもがひとり泣きながらやって来て、
「あたい、あたまがさむくて、こおりそうなの。なにかかぶるものちょうだい。」と、いいました。
 そこで、女の子は、かぶっていたずきんをぬいで、子どもにやりました。
 それから、女の子がまたすこし行くと、こんど出て来たこどもは、着物一枚着ずにふるえていました。そこで、じぶんの上着うわぎをぬいで着せてやりました。それからまたすこし行くと、こんど出てきたこどもは、スカートがほしいというので、女の子はそれもぬいで、やりました。
 そのうち、女の子はある森にたどり着つきました。もうくらくなっていましたが、また、もうひとりこどもが出て来て、肌着はだぎをねだりました。あくまで心のすなおな女の子は、(もうまっくらになっているからだれにもみられやしないでしょう。いいわ、肌着もぬいであげることにしましょう。)と、おもって、とうとう肌着までぬいで、やってしまいました。
 さて、それまでしてやって、それこそ、ないといって、きれいさっぱりなくなってしまったとき、たちまち、たかい空の上から、お星さまがばらばらおちて来ました。しかも、それがまったくの、ちかちかと白銀色はくぎんいろをした、ターレル銀貨でありました。そのうえ、ついいましがた、肌着をぬいでやってしまったばかりなのに、女の子は、いつのまにか新しい肌着をきていて、しかもそれは、この上なくしなやかな麻あさの肌着でありました。
 女の子は、銀貨をひろいあつめて、それで一しょうゆたかにくらしました。
LinkIcon青空文庫より


STUDIOMember更新情報
岩見聖次

萩柚月

二宮隆

宮沢賢治「ざしき童子のはなし」
芥川龍之介「蜜柑」
夢十夜第二夜

福山美奈子

西村俊彦

坂下純美

森山このみ

夢十夜第七夜

島崎ゆか

夢十夜第一夜

田中智之

喜多川拓郎

銀河鉄道の夜
夢十夜第四夜


Cafe更新情報
岡田慎平

鈴木ちひろ


山田 レイコ

広居播

更新順です

2016-12-19

更新順です

2016-12-19


兼定 将司

岡田 慎平

Naoさん

二宮 隆

渡辺 ゆきみ

横山 祐子

久高 祥子

谷口 沙織

葵井 歌菜

ゆずり 亜衣

萩 柚月

峰松 希匡

吉田 美穂子

岩見 聖次

田子 浩恵

小川 綾子

中園直樹

銀嶺

鈴木 ちひろ

小島 香奈子

土屋 美悠

山口 雄介

岡田 慎平

大西直樹

谷口沙織

Nao

こはる

二宮 隆

冬野 ことね

朝日 憲治

葉月 のりこ

恵田 昌州

福島 淳子

水口 聡

河村 愛美

松里 咲

瀬戸 翔太

橘 晋吾

世奈 カンナ

小池 悠太

佐藤 愛

小松 茉里

新宮 あずさ

小森 ゆな

篠山 雪乃

喜多川拓郎

作品参加
太友 豪

心人

関連リンク