朗読者、朗読作品募集中です
朗読者久高祥子

星の銀貨


グリム兄弟 Bruder Grimm
楠山正雄訳

むかし、むかし、小さい女の子がありました。この子には、おとうさんもおかあさんもありませんでした。たいへんびんぼうでしたから、しまいには、もう住むにもへやはないし、もうねるにも寝床がないようになって、とうとうおしまいには、からだにつけたもののほかは、手にもったパンひとかけきりで、それもなさけぶかい人がめぐんでくれたものでした。
青空文庫

朗読者Profile

Nao