朗読者、朗読作品募集中です
朗読者吉田 美穂子

赤とんぼ

新美南吉


 赤とんぼは、三回ほど空をまわって、いつも休む一本の垣根の竹の上に、チョイととまりました。
 山里の昼は静かです。
 そして、初夏の山里は、真実に緑につつまれています。
 赤とんぼは、クルリと眼玉を転じました。
 赤とんぼの休んでいる竹には、朝顔のつるがまきついています。昨年の夏、この別荘の主人が植うえていった朝顔の結んだ実が、また生

えたんだろう――と赤とんぼは思いました。
 今はこの家には誰もいないので、雨戸が淋しくしまっています。
 赤とんぼは、ツイと竹の先からからだを離して、高い空に舞い上がりました。
 三四人の人が、こっちへやって来ます。
 赤とんぼは、さっきの竹にまたとまって、じっと近づいて来る人々を見ていました。
 一番最初にかけて来たのは、赤いリボンの帽子
青空文庫

小森 ゆな

吉田 美穂子

声優、ナレーター
2 . 24 tokyo



好きな作家、宮沢賢治、川上弘美。
声をつかったお仕事で生計を立てています。
穏やかな物語が好き。

クレイジーボックス所属

Nao